◆靴の種類:グラディエーターサンダル
◆使用素材:牛革
◆サイズ:約83mm
◆対象:オリジナル球体関節人形(自作)
◆その他ご希望:フラットソール・くるぶし丈・カラー茶色

グラディエーターサンダル 太テープ、細革紐、編み込みベルト。
基本的にはグラディエーターサンダルの典型的デザインだけど、
形状の違う三種類のバンドで遊びを加える。

まるで足が入っているかの如く、そのままの形を保持しているのは、
サンダルといえども、靴木型を用いて作った証だ。

グラディエーターサンダル底面加工 底面は、サンダルの雰囲気に準じて、敢えて古めかしく斑染。
着色は染料は使わず、革の成分を利用して変色を促しただけ。
なので、色移りは心配無用。

また形状も、土踏まずの端だけ薄く加工して、抑揚を持たせた点にご注目。
フラットソールでも、単なるスリッパ型にしないのが、いわばコダワリ。

グラディエーターサンダルバックスタイル 踵を包むヒールカップも丸味を保持して立体成型。
芯材は使っていないが、保型するようひと技加えた。
固すぎず、柔らかすぎず、ドールの踵は保護される。

威風堂々グラディエーターサンダル 威風堂々と言ったら言い過ぎか?
プライドを感じる様が実にカッコいい。
まさにグラディエーターサンダルだ。

この靴の画像をもっと見る。≫
Tumblr


▼制作後記に代えて▼
着用画像をいただきました。(2018/01/21)
着用画像 お人形さん自ら、お礼を言っていただいたのは初めてです。(笑)
なるほど、この手がありましたね。
こちらこそ、ありがとうございました!
post by れん@人形靴職人(@rensroom
◆ ブログの更新をお知らせしております。
Twitter (@Dolls_shoes_now)
「スポンサード リンク」